• 普通のサラリーマンが現代アートについて語るサイト。

Twitterで実施したアンケート調査の結果を考察していきます。

今回は第4回目です。過去の記事は以下のページをご覧ください。

2020年に購入した作品数を教えてください。

  • 12作品以下 58%
  • 13〜24作品 20%
  • 25〜50作品 18%
  • 51作品以上 4%

12作品以下が60%近くと予想より多くて安心しました。雑誌等などに掲載されているコレクターをみていると、数十点コレクションされている方が多い印象でしたが、この結果を見ると多くは平均月1作品以下と、程よくコレクションされているんですね。

2020年に購入した年間の合計作品購入費について教えて下さい。

※額装費・送料・消費税は除きます。
※額面上の月収とします。

  • 月収未満 26%
  • 月収以上〜月収2倍未満 17%
  • 月収2倍以上〜月収3倍未満 15%
  • 月収3倍以上 42%

単年だとわかりにくいので昨年の結果も見てみましょう。

↓2019年アンケート

  • 月収未満 23%
  • 月収以上〜月収2倍未満 14%
  • 月収2倍以上〜月収3倍未満 20%
  • 月収3倍以上 43%

昨年と比べると若干減少傾向ではありますが、ほぼ同じ割合です。

オークションの高騰などでバブル状態ですが、今回の結果(割合)は落ち着いた結果でした。Twitterのフォロワーは国内のコレクターが多く、海外のコレクターや転売屋などの純粋なコレクターではない層はあまりいないので、このような結果になったのかと思われます。

しかし、コロナ禍でもコレクターの欲は尽きませんね…笑

今後もアンケートへのご協力よろしくお願い致します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です