• 普通のサラリーマンが現代アートについて語るサイト。
 

久しぶりのアート特集です。

タイトルからストレートで非常にいいので即買いしてしまいました。

 

史上最高額で落札されたレオナルド・ダ・ヴィンチのサルバトール・ムンディが表紙。タイトルにふさわしい表紙です。

「お金と数字から見えてきた、世界のアート事情。」では、アンディ・ウォーホルのキャンベル・スープ缶のプライマリー価格から、サルバトール・ムンディまで、様々なアートのお金の話がにまつわる話を紹介。

「アート界に影響力をもつ人々、「POWER100」」では、アート界での力関係を示す番付表である『POWER100』の2018年の1位から10までのランキングと人物紹介がされていました。美術手帖以外で「POWER100」について特集している日本の記事は初めて見ましたし、ランキングとかはネットでも探せるけど、中々ランキングに載っている人については書いていることは少ないので、とても面白い記事でした。

キュレーター、ギャラリスト(小山登美夫さん)、オークションハウスの話と続き、アートコレクターの憧れであるハーブ&ドロシー夫婦の記事や、世界のコレクターの紹介がされていたり

なかなか現代アートマニアでは知る機会が少ない西洋画や日本の仏像や古美術のことが書いてありとても面白かったです。奈良の大仏さんの建築費が4657億なのには驚きました。

その後は、著名なアーティストが注目する作家の紹介とARTISTS’FAIR KYOTO 2019で出展される若手作家が紹介されています。毛布で立体物を包んだ江頭誠さんや、以前から注目している黒宮菜々さんの作品がいいと思いました。

 

初心者からマニアまで幅広く楽しめる内容で、アート好きやアートに興味を持ち始めた人には是非オススメしたい雑誌です。

 

Pen 2019年2月15日号 No.468 ¥648

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です