• 普通のサラリーマンが現代アートについて語るサイト。

【アートコレクターアンケート】その③

Twitterで実施したアンケート調査の結果を考察していきます。

今回は第三弾です。


アートコレクターの第一歩となった、初めてアートを購入した場所について教えて下さい。

<投票数84>

  • ギャラリー(64.3%)
  • アートフェア(7.1%)
  • ECサイト(8.3%)
  • その他(20.2%)

この結果は少し意外でした。

ギャラリーが1番多いことは予想していましたが、ECサイトの割合がもう少し多いかと思っていました。

最初にアートを買うということは勇気がいる行為かと思いますが、それをオンラインで判断するのはなかなか難しいでしょうし、ギャラリーで実際に作品を観てファーストアートの購入を決意する人が多いことはとてもいい結果ですね。

 

20.2%だった「その他」について追加でアンケートを取ってみました。

<投票数7>

  • オークション(0%)
  • 作家(42.9%)
  • ギャラリー以外のショップ(28.6%)
  • その他(28.6%)

やはり、オークションは価格イメージが沸いていない状態ではハードルが高いでしょうね。

作家から直接購入するということは、ギャラリーがついていない作家かと思います。価格も比較的安いかと思いますのでファーストアートにはピッタリですね。作家さんとの交流もでき、思い出に残る体験になりますしオススメですね。


 

今までのコレクションのうち、オンラインで購入した作品の割合を教えて下さい。

ECサイトでの購入や、作品を実際にその目で見ずにメールや電話のやり取りで購入した作品です。

<投票数53>

  • 0%(34%)
  • 1〜20%(39.6%)
  • 21%〜49%(11.3%)
  • 50%以上(15.1%)

オンラインで全く購入したことがない人が34%で、66%の人がオンラインで購入したことがあるようです。

大体予想通りの結果ですね。

 

オンラインで購入したことのある人に限定してみると

  • オンライン購入の割合が2割以下が 60%
  • オンライン購入の割合が2割以上5割以下が 17%
  • オンライン購入の割合が5割以上が 23%

という結果になりました。

やはり、まだまだリアル展示での作品購入の割合が多いですね。5割以上が23%もいるとは思いませんでした。

最近は、画像の画質やズーム機能の向上、オンラインビューイングの普及、VRを用いた展示鑑賞など、コロナ禍の影響で世界的にオンラインでの展示が進んでいます。

新しい時代を迎え、今後はこの割合がどんどん増えていくでしょうね。

また数年後にこのアンケートを実施していきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です