• 普通のサラリーマンが現代アートについて語るサイト。

前回の記事はこちら


アート予算について

アート購入の年間予算について教えてください。

※今年では無く、例年の傾向を教えてください。

【投票数49】

  1. 年間予算を組んで、予算内で購入している。  8%
  2. 年間予算を組んでいるが、予算を超えている。 22%
  3. 年間予算を決めていない。 70%

1+2.年間予算設定あり3割

3.年間予算設定なし7割という傾向です。

年間予算設定なし がこんなに多いとは思いませんでした。一般的な収入のサラリーマンコレクターの場合、年間予算設定せずに買い進めていくのは中々難しいのではないかと思います。国税省の民間給与実態調査によると日本人の平均年収は441万円とのことですので、その年収よりプラスαで収入がある、ある程度高収入の方が多いのかなと思います。羨ましいですね。

 

と思ったのですが、次のアンケート結果をご覧ください。

アートコレクターの2019年の年収について

アートコレクターの皆さんの2019年の年収について教えてください。

※額面上の年収でお願いします。 

※2019年のみ年収に極端に偏りがあった場合は例年の平均年収でお願いします。

【投票数73】

  1. 500万円以下    36%
  2. 501〜700万円  21%
  3. 701〜950万円  10%
  4. 951万円以上    33%

1. 500万円以下 が、36%と意外に多い傾向です。私もこの項目に該当するので、少し安心しました。

イメージ的には、3. 701万円〜950万円4. 950万円以上 が多いと思っていたのですが、合計で43%です。

購入額の合計や購入点数では、圧倒的に 3. 701万円〜950万円4. 950万円以上 が多いのかと思いますが、アートをコレクションして楽しんでいる層は幅広いということがわかります。


前のアンケート結果を踏まえて考えると、

強引な計算ですが、2.501万〜700万円3. 701万円〜950万円4. 950万円以上 の層が全員予算を決めずに購入していたとしても(そうではないと思いますが)、平均年収に近い人の最低24%程度が予算を決めずに購入していることになります。

比較的低価格の作品(版画作品や若手作家)を中心にコレクションおり、それほど頻繁に買わないので気にしていない方も多いと思いますが、アートコレクションの沼にハマってしまっている人も多いのかなと思います。


皆さん!(自分も!)

無理をせずにアートコレクションを楽しみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です