• 普通のサラリーマンが現代アートについて語るサイト。

Twitterで調査したアンケート調査についてまとめます。

今回はその①です。

ペインティング作品の額装について①

コレクションしているペインティング作品について、以下に該当するものを選んでください。

※ここでのペインティング作品とは油彩やアクリルで描かれた、そのまま飾れる作品のことです。

【投票数54】

  1. 額装していない作品が多い。    63%
  2. アクリル立体額が多い。      17%
  3. アクリル立体額以外の額装が多い。 20%

1.額装していない作品が多い約6割

2+3.額装している作品が多い約4割という傾向です。

 

1.額装していない作品が多い は、以下の理由が考えられます。

  • ペインティング作品の質感を楽しみたいのでそのままにしている。
  • 予算的に額装に中々お金をかけにくい。
 

2+3.額装している作品が多い は、以下の理由が考えられます。

  • 作品保存の観点から額装している。
  • オークションサイトなどで購入することが多く、購入時から額装されていることが多い。
  • 額装した方が作品の良さが引き立つ作品が多い。
 

2+3.額装している作品が多い の中でも、46%はアクリル立体額54%はアクリル立体額以外の額装が多いという結果になりました。

アクリル立体額は、透明であることから作品に干渉しにくく、現代アートの作品とも非常に相性が良い印象です。価格的には通常の額と比べて高い傾向です。

 

私の印象としては、思ったよりもアクリル立体額の割合が多いなと感じました。

様々なメディウムや技法を取り入れたり、半立体的な表現をする作家さんも増えてきているため、アクリル立体額の方がしっくりくる作品が多くなってきているのでしょうか。

私は、予算的に額装できていない作品が多い傾向なので、1.に該当します。額装している作品は、ほとんどアクリル立体額です。

ペインティング作品の額装について②

とても気に入った10万円の作品があります。額装はどうしますか?

※ここでのペインティング作品とは、油彩やアクリルで描かれた、そのまま飾れる作品のことです。

【投票数169】(ゆうたろう@yuuyarou1975 さんの調査結果です)

  1. 額装しない。            44%
  2. 費用が3万円程度までなら額装する。 27%
  3. 費用が5万円程度までなら額装する。 4%
  4. 費用にかかわらず額装する。     25%

このアンケートでは『とても気に入った10万円の作品』と対象が絞られています。

1.額装しない と答えている44%の人は、今回の条件でも額装しないことを考えると、額装しない主義の方が多いのかなと思います。

一方、2+3+4.額装を検討する人 のうち、44%は4.費用にかかわらず額装する と答えています。

これを選んだ方は、ほとんどの作品に額装しているという人もいるかと思いますが、今回の条件『とても気に入った作品』であるという所から、この条件なら費用を気にしないという方も多いのかなと思います。

 

額装費に上限を設定した2と3の項目では、大きく割合が異なっています。

2+3+4.額装を検討する人 のうち、48%が 2.費用が3万円程度までなら額装する、7%が 3.費用が5万円程度までなら額装する という結果です。

これは、できるなら額装したいけど予算的な制約がある層にとって、作品価格の1/3程度までが、額装にかけられる予算の傾向であると考えられます。

私自身も大体1/3程度が額装にかけられる上限かなと考えています。


まだまだサンプル数が少ないので、今後も皆様にご協力して頂ければと思います。以下にTwitter公式アカウントとアンケートを実施している管理人の個人アカウントを載せておりますので、宜しければフォローお願いします。

当サイトの公式Twitterアカウントです。
管理人のアカウントです。アンケート調査はこちらのアカウントで実施しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です