• 普通のサラリーマンが現代アートについて語るサイト。

アートのお値段 THE PRICE OF EVERYTHING

カテゴリー分類上【書籍レビュー】としていますが、今回紹介するのはDVDです。

タイトルは「THE PRICE OF EVERYTHING

邦題は「アートのお値段」です。

created by Rinker
¥3,347 (2020/09/26 13:06:25時点 Amazon調べ-詳細)

2018年にアメリカで公開され、2019年には日本でも公開され話題となった映画(といってもアート業界だけですが…)がDVDとなり発売されました。

 

監督はナサニエル・カーンです。

ナサニエル・カーン

父親の建築家ルイス・カーンを描いた2003年の監督作『マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して』でアカデミー賞、インディペンデント・スピリット・アワード、エミー賞にノミネートされたドキュメンタリー映画監督。同作で2004年の全米監督協会賞ドキュメンタリー監督賞を受賞した。著名なピアニスト、レオン・フライシャーを描いた短編『Two Hands』(2006年)でアカデミー賞、エミー賞にノミネートされたほか、ディスカバリーチャンネルで『Telescope』(2015年)、『Dark Side of the Sun』(2016年)などの科学番組も監督している。現在はNASAのジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡と宇宙生活に関するドキュメンタリー映画と、フィクション映画の脚本を準備中。

アートのお値段 公式HPより引用 http://artonedan.com

この映画は、ドキュメンタリー形式で、アーティスト・コレクター・オークショニアを中心に進んでいきます。

<出演アーティスト>

  • ジェフ・クーンズ
  • ジョージ・コンド
  • ゲルハルト・リヒター
  • ラリー・プーンズ
  • ジデカ・アクーニーリ・クロスビー
  • マリリン・ミンター
  • など
created by Rinker
¥1,760 (2020/09/26 13:06:25時点 Amazon調べ-詳細)

<出演オークショニア>

  • 元クリスティーズの現代美術部門のトップで、現在サザビーズのグローバル・ファイン・アーツ部門の責任者であるエイミー・カペラッツオ
  • カリスマオークショニアでデ・ブリ社を設立したシモン・デ・ブリ
  • フィリップスの会長兼最高責任者のエド・ドルマン
  • サザビーズ・ヨーロッパの副会長のオリヴァー・パーカー

<出演キュレーター>

  • 元ロサンゼルス現代美術館のチーフキュレーターであり、ハウザー&ワースの立ち上げに尽力したポール・シンメル
  • など
 

よくこれだけの面子を集めたなという感じです、、、

世界のアートの中心ともいえる出演者といえるでしょう。

 

しかし、何よりもこの作品の1番の見所は、大コレクターのステファン・エドリスです。

世界最高のコレクターの1人ですが、コレクションがこれでもかというくらい出てきます。

マンション住まいですが、普通にクーンズやウォーホールなど美術館レベルの作品が所狭しと飾られています。(あのラビットもあります)

残念ながら、お亡くなりになられたようですが、途轍もないコレクションです、、、

 

出演者も豪華ですが、内容もとてもよく作られていたと思います。

 

ジェフ・クーンズのような今風なブランディングをするアーティストと、ゲルハルト・リヒターやラリー・プーンズなど古風なアーティスト(といえば語弊があるかもしれませんが)のアートマーケットへの考え方の対比

ジョージ・コンドやジェフ・クーンズのような世界トップクラスのアーティストとマリリン・ミンターやジデカ・アクーニーリ・クロスビーのような、これから評価が高まるであろうアーティストのアートマーケットでの状況の違い

批評家とコレクターのジェフ・クーンズの作品を巡る評価

など、様々な立場の人間の考え方や仕事ぶりを見ることができ、アートの世界の奥深さを、良い意味・悪い意味両方で感じさせてくれます。

 

アートコレクター、ギャラリー関係者、アーティスト

どの立場であれ楽しむことができる映画だと思います。

皆様、是非観てみてください。おすすめです

created by Rinker
¥3,347 (2020/09/26 13:06:25時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です