• 普通のサラリーマンが現代アートについて語るサイト。

【アートレビュー】小池一馬 個展 「Kazuma Koike Solo Exhibition」

大阪のミナミにある TEZUKAYAMA GALLERY で、2020年1月24日〜2月22日まで開催されている、小池一馬さんの個展に行ってきました。


小池一馬さんは、1980年生まれ、幼少期をブエノスアイレス、高校をバルセロナで過ごされ、現在は大阪を拠点に活動されています。

TEZUKAYAMA GALLERY の他に、香港の AISHONANZUKA にも所属しており、昨年、AISHONANZUKAで開催された個展では、セラミック作品が初日を迎える前に完売するなど、アジア圏で注目を浴びている作家さんです。


展示風景

今回の展示は、セラミックの作品とアクリルのペインティング作品、水彩のドローイング作品で構成されています。

タイトルは、セラミック作品が「BC(ブラック・セラミック)日付」、ペインティング作品が「TP(テクスチャード・ペインティング)日付」のように、記号的なタイトルとなっています。

これはタイトルに作品が引っ張られてしまわないように、あえて記号的・形式的なタイトルにしているとのことです。


小池一馬「BC180722」
小池一馬「TP191201」

全てではありませんが、セラミックの作品がモチーフとなっている作品も一部あり、セラミック特有の落ち着いた硬い印象と、ポップなペインティングの対比が面白いです。


小池一馬「TP191201」
WCシリーズ

展示風景
展示風景

セラミックの作品は木箱の上に置かれ、周囲にはビカクシダやクッカパラなどの観葉植物、石などが配置され、不思議な空間となっています。

木箱のサイズから考えると、その作品の梱包に使われる木箱かと思います。


小池一馬「BC191118」

セラミックの小作品も多数展示されており、可愛らしかったり、おかしかったり、怖かったり、様々な作品を見ることができます。

空間、作品ともにとても素晴らしい展示でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です