アートコレクターが発信するアート情報サイト    Art information site sent by art collectors

【オークションレビュー】SBI Art Auction 「LIVE STREAM 17-18 September 2021」

先週の土曜日・金曜日に開催されたSBIアートオークションの結果が出ましたので、今回も簡単に振り返ってみたいと思います。

オークション開始前に予想した記事はこちらです。(ハズレっぷりをおたのしみください)

↓↓↓

【オークション予想】「SBIアートオークション「LIVE STREAM 2021.9.17-18」

 


今回の落札率は96.4%,総額は3億4585万円でした。

では、個々のアーティストに分けて考察していきたいと思います。

 

KAWS

今回も好調でしたね。ED設定ありのプリント作品と立体作品はEst中央値〜上限の2倍程度で落札、ED設定のない立体作品は大体Est範囲内かEst上限を少し超える程度でした。当たり前なのですがED設定の有無で差が出ている印象です。

 

INVADER

全てEst上限を超えてきましたが、その中でもモナリザのED.50の作品、ED.100のタイル作品、りんごが描かれたユニーク作品が高額落札されていました。いい作品に高い値がついている健全な状態ですね。LOT.017はある人がインスタでお勧めしていた影響もあったのかもしれませんね。

 

Mr Doodle

最近、Doodle祭かのように作品が多数出展されていましたが今回は少なめでした。今回はかなり価格が落ち着いていた印象です。

 

Adriana OLIVER

意外と女性の顔モチーフのシルク作品は上がりませんでしたが、LOT.40の家族モチーフの作品とユニーク作品はなかなか上がりましたね。

 

LY

プリントもユニーク作品もEst上限2倍近くの価格で落札されました。某ギャラリーでの展示予定の噂もありますので、今後もっと人気が出てきそうですね。昨年のSBIでは同じサイズの作品が212万円で落札されていましたが、今回は391万円で落札されるなど価格の高騰が止まりません。

 

KYNE

LOT.063の作品は、4月のSBIでは180万円で落札されていましたが、今回は253万円で落札。LOT.064の作品に関してはプライマリー価格の20倍ほどになりましたね。恐ろしい価格上昇です。

 

名和晃平

特装版のVelvetシリーズの White Deer は345万円、 Rai は115万円、 Mol は77万円と少しずつ上昇してきました。DirectionがEstの上限を超える189万円、Line-FragmentがEst上限近くの69万円で落札。プライマリーの平面作品の価格も最近上昇してきているので、適性な価格での落札かと思います。Element-Blackシリーズはまだプライマリーで購入できる作品なので、今オークションに出すタイミングの作品じゃないと思うんですけどね…

 

松山智一

2020年のEd.75の版画2作品が共に110万超え、2019年の円形版画作品が72万円とかなり上がってきましたね。ユニーク作品であるLOT.198の作品はもっと上がってもおかしくないなと思ったのですが、EST上限の1.5倍以上となっています。

 

小笠原美環

大作が出品されていましたが、EST3倍以上の189万円で落札されました。これを飾れるコレクターは本当に羨ましいですね。大きな壁に飾りたい。

 

松江泰治

今回の落札額は安すぎる気がします。3作品とも11万5000円なので、3つ落札しても35万円で収まります。とてもいい作品なので並べて飾れれば最高ですね。もし写真をコレクションしていくならば、コレクションしたいシリーズですね。

 

今井麗

LOT.195と同じようなサイズの作品が昨年のSBIで63万円だったのですが、今回は224万円と庶民コレクターでは手が出せない作家になってしまいました。意外とキャラクターモチーフよりトーストモチーフの作品の方が高くなりましたね。

 

平子雄一

ユニークとはいえ、40cm以下の立体作品でこの価格(253万円)は凄いですね。ちょっと上がりすぎたような気がしますが、これからの活躍がますます楽しみですね。

 

MADSAKI

かなり低調でしたね。なんとかEST範囲内の作品が多かったですが、最も大きなLOT.207の作品は不落札となってしまいました。文字モチーフの作品ばかりとはいえ、少し心配な結果です。

 

ロッカクアヤコ

海外のコレクターにも非常に注目されているようで、段ボールの作品が839万円と今年のChristie’sの価格を更に更新しましたし、Ed作品もとんでもない価格になってきました。あの木版画、3年くらい前普通に買えたんですけどね… かなり安かったですし少し後悔しています。

 

奈良美智

予想を大きく超えてきました。代表的なモチーフではないドローイングで724万円ですか… 凄い…

 

加納光於

今回の出品作品で一番気に入っていた作品です。欲しかった。しっかりと残すべき作品だと思いますので、ちゃんと競り上がってくれてよかったです。

 

草間彌生

15.8 × 22.7 cmの作品で2760万円とは流石。代表的なモチーフの黄色い南瓜はこの前のSotheby’sで5000万円近くで落札されていました。美術館とかで草間さんの作品はよく目にしますが、小作品ってなかなか目にすることができないので一度小作品を見てみたいですね。自宅にサラッとこれを飾っておきたい。笑

 

エドガー・プランズ

ここ数年の勢いのままに、今回も391万円と高額落札されました。最近のオークション動向見ていると、Est上限の5倍あたりの値段ですね。

 

以上、簡単にオークション結果を振り返ってみました。

created by Rinker
¥2,640(2021/10/23 08:23:22時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!