• 普通のサラリーマンが現代アートについて語るサイト。
広告

【調べてみた】美術館のコレクションを調べてみた<和歌山県立近代美術館編>

今回から、新たな記事カテゴリーとして【調べてみた】を追加いたしました。

以前公開した、以下の3記事「アートに使われる素材や技法を調べてみた」シリーズも【調べてみた】カテゴリーとして公開します。

この「美術館のコレクションを調べてみた」シリーズでは、様々な美術館がコレクションしている現代アート作品について調べてみます。

和歌山県立近代美術館

和歌山県立近代美術館は和歌山市に1970年に開館した美術館です。

http://www.momaw.jp

近代作品が中心のコレクションですが、現代アートのコレクションも非常に充実している美術館です。

これには理由があるのですが、その辺りはまたいつか紹介いたします。

では、調べていきましょう。


奈良美智

  • どんまいQちゃん
  • どんまいQちゃんのためのドローイング

2作品がコレクションされています。「どんまいQちゃん」は1993年に制作された高さ123cmの木製立体作品です。

村上隆

  • Rose
  • Mr.DOB
  • DOBのマーチ(マケット)

Mr.DOBは235×305×180cmという大きさです!それぞれ1990年代前半の作品です。

草間彌生

  • 金魚
  • 果物
  • レモンジュース

全て1984年製作のシルクスクリーン作品です。

杉本博司

  • 日本海 北海道 I
  • 太平洋 オレゴン I
  • カリブ海 ジャマイカ
  • アビシニアコロブス
  • オイスター・ベイ
  • オハイオ・シアター、オハイオ
  • ダチョウ、イボイノシシ
  • カボット・ストリート・シネマ、マサチューセッツ
  • ラジオシティ・ミュージックホール、ニュー・ヨーク
  • ハイエナ、ジャッカル、ハゲタカ

全て1970〜1980年代の作品です。ジオラマシリーズや海景シリーズ、劇場シリーズなど代表的な作品が揃っていますね。

宮島達男

  • Study of Counter Train
  • Study of Counter Train

平面作品2作品がコレクションされています。同名ですがサイズが違います。どちらも1994年の作品です。

李禹煥

  • 線より
  • 石版画集『点より・線より』 点より 1〜4
  • 石版画集『点より・線より』 線より 1〜4
  • 石版画集『点より・線より』 点より 1〜4
  • 関係項 B
  • 関係項 A
  • 点より
  • East Winds
  • 版画集『廃墟へ』 廃墟へ 1〜7
  • 島より 1〜8
  • 都市の記憶より 1〜6
  • 風より

版画作品もありますが、かなりの作品がコレクションされています。特に「点より」は193.9×258.8cmのキャンバス作品です。マスターピースと言えるでしょう。

名和晃平

  • Psychic numbing (blue)
  • [ドローイング]
  • [ドローイング]
  • Element ♯1〜♯5
  • PixCell – Sheep
  • PixCell [Camereon]
  • Catalyst Unit #1
  • Catalyst Unit #2
  • Catalyst Unit #3
  • untitled

素晴らしいコレクションです。全て2000年〜2004年の作品で、「PixCell – Sheep」はPixCellの最初期作品です。

シンディ・シャーマン

  • 無題 #131
  • 無題 #128
  • 無題 #132

どれもとても大きい写真作品です。無題 #131は、241.5×115.0cmサイズです。

国内でもなかなかコレクションしている美術館は少ないのでは無いでしょうか?


その他にも様々な素晴らしい作品がコレクションされています。

一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
和歌のめぐみ
¥1,748 (2020/11/26 12:35:04時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
JTBパブリッシング
¥1,078 (2020/11/26 12:35:05時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥2,720 (2020/11/26 12:35:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です