• 普通のサラリーマンが現代アートについて語るサイト。

【コラム】「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2020」と併せて観るべきおすすめのアート情報

関西エリアで最も注目されているアートフェアと言っても過言ではない「ARTISTS’ FAIR KYOTO」。

注目されている若手作家の作品が多数出展されることもあり、関西のみならず、関東を初めとする日本全国からアートファンが集います。

2020年の第3回は、2月29日から3月1日の2日間開催されますが、京都では「ARTISTS’ FAIR KYOTO」以外にも様々な展示が行われています。

関西以外から来られる方は、土地勘も無く、他の展示情報も中々取得しにくい状況かと思いますので、この記事では京都で開催されている展示情報をまとめてみたいと思います。


「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2020」

<会場>

京都文化博物館別館・京都新聞ビル地下1階

<会期>

2020年2月29日〜3月1日 11:00-18:00

<入場料>

1000円

<アクセス>

【京都文化博物館別館】

地下鉄「烏丸御池駅」下車【5】番出口から三条通りを東へ徒歩3分
阪急「烏丸駅」下車【16】番出口から高倉通りを北へ徒歩7分
京阪「三条駅」下車【6】番出口から三条通りを西へ徒歩15分
市バス「堺町御池」下車、徒歩2分

【京都新聞ビル地下1階】

地下鉄「丸太町駅」下車【7】番出口すぐ

https://artists-fair.kyoto


スーパーマーケット”アルター”市場

京都を拠点にする若手ディレクター3名が企画するアートマーケット。ディレクターのセレクトにより、10名以上の作家が出品予定。

<会場>

BuA Alter Museum 1F・2F

<会期>

2020年2月22日〜3月8日 11:00-18:00

<入場料>

無料

<参加作家>

星拳五・大東真也・溝渕珠能・濱大二郎・中村壮志・VUG・丸橋光生・鷲尾怜 ・趙里奈 他

<アクセス>

阪急河原町駅より徒歩数分


OBJECT at VOU

昨年末、蔦屋書店で開催され大盛況だった、立体作品のアートフェア。手頃な価格の小作品が並びます。

<会場>

VOU /棒 3F

<会期>

2020年2月22日〜3月1日 13:00-19:00 水・木定休

<アクセス>

阪急河原町・烏丸駅 連絡通路12番出口から徒歩5分

<参加アーティスト>

にしこはりこ・須崎喜也・ENTERTAINMENT・鮎川奈央子・前谷開・藤澤信輔・天牛美矢子・坂本紬野子・宮下サトシ・DOKI MIZUHO ・葭村太一・山本真実江・川田知志・平田万葉・江頭誠・小笠原周・熊谷卓哉・ アラン・ブッシュミーツ・さらさ・柿田真吾(すいきゅー)・DOOKS・大野陽生・ 飯田桜子・横山充・彦坂敏昭・谷澤紗和子・谷本真理・小宮太郎・雑賀通浩・西太志・乙うたろう・高野千聖・山城優摩・宇加治志帆・荒川朋子・宇野湧 ・田村琢郎・長谷川寛示・武内もも・中村壮志・studioBOWL・SANZOKU


谷川美音 個展 「彼は月を撫でてみる」

以前アーティストインタビューでも紹介した谷川美音さんの個展。

<会場>

FINCH ARTS

<会期>

2020年2月14日〜3月1日 金・土・日 13:00〜19:00

<アクセス>

京都駅から市営バス5番にて「錦林車庫」下車:約42分

京阪出町柳駅より市営バス17番、203番にて「浄土寺」下車:約13分

京都市京セラ美術館「岡崎公園」より市営バス5番にて「錦林車庫」下車:約10分

京都市京セラ美術館より徒歩:約23分

https://www.finch.link


佐藤雅晴「Rabbit」

2019年3月に45歳という若さで他界された佐藤雅晴さんの回廊展。

<会場>

イムラアートギャラリー

<会期>

2020年2月15日 (土) 〜 3月14日 (土) 12:00 – 18:00 休廊日:日・月・祝

<アクセス>

京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町31

http://www.imuraart.com


京都市立芸術大学 横田学 退任記念展
「つなぐ・つながる」

京都市立芸術大学美術学部教授(美術教育学・教育方法学)の横田学の退任記念展です。参加作家は京都市立芸術大学を卒業したアーティストさん中心ですが、非常にいい作家さんが参加しています。以前紹介した黒宮菜菜さんも出展しています。

<会場>

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

<会期>

2020年2月15日(土)〜3月1日(日) 

11:00–19:00 月曜休館(祝日・振替休日の場合は開館、翌火曜日に休館)

<アクセス>

地下鉄:「二条城前」駅(2番出口)南東へ徒歩約3分

バス:「堀川御池」バス停下車すぐ ※駐車場・駐輪場はございません

<参加作家>

江川恵、川田知志、黒宮菜菜、阪中真弥、杉本昌之、髙木智子、中村潤、西山裕希子、原口みなみ、東明、東根美沙紀、町田藻映子、松本和子、水田寛、山田千尋、山本佳奈、吉岡千尋


釣 光穂 個展「ぷれいるーむ」

洗剤や缶といった日用品、陶芸史上のかたちを引用し、独自の“あみもの”のような陶芸で表現するアーティスト、釣 光穂の個展。

<会場>

KUNSTARZT

<会期>

2020.2.22(土)〜 3.1(日) 12:00〜18:00

<アクセス>

京都市東山区夷町155-7 2F 

平安神宮や美術館、ギャラリーが多くある京都東山の文化ゾーン近く。「三条神宮道」交差点の北東角(三条通側)の花屋さんの2階。

http://kunstarzt.com


「表層と深層」
大河原光・志村茉那美・白井茜

京都造形芸術大学美術工芸学科 写真・映像コースの主催の3人展。AFK会場から非常に近いです。

<会場>

グランマーブル ギャラリー・パルク

<会期>

2020.2.21 (金) ~ 3.8 (日) 11:00-19:00 金は20:00まで 月曜休み

<アクセス>

京都市中京区烏帽子屋町502 2F / 3F / 4F

室町・六角北東角 室町通側入り口より2Fへ

<参加作家>

大河原光・志村茉那美・白井茜

http://www.galleryparc.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です