• 普通のサラリーマンが現代アートについて語るサイト。
広告

【コラム】STARS展の7人目の候補について考えてみる

現在、東京の森美術館で開催されている「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」に出展している7名のうち4名の作家について以前の記事で紹介しました。

 

このグループ展、最初は20名で実施する案もあったようですが、

最終的には、草間彌生・村上隆・李禹煥・宮島達男・奈良美智・杉本博司の6名で実施されました。

6名というのも理由があるようで、森美術館の展示室の数が影響しているようです。

7人目?

展示室の数により6名になりましたが、噂によると7人目の候補がいたようです。

関係者は7人目の候補が誰か知っているようですが、誰かは絶対に言えないとのことです。

その方の会話の中で、次の6人という話になった時に「安藤忠雄」「名和晃平」「五木田智央」という名前が出てきましたので、その3人とは別の人なのかなと勝手に思っています。

 

Casa BRUTUS 6月号の66ページに片岡館長のコメントとして

この6人以外にも重要な作家はたくさんいます。例えば、川俣正さん、森村泰昌さん、オノ・ヨーコさんなどの名前も挙がりました。

Casa BRUTUS 6月号 p66より引用

と記載されていますので、このお三方はかなり有力ですね。

ただ「などの名前も挙がりました」なので他の人の可能性も高そうですね…

私なりに可能性の高いと思う人をピックアップしてみました

  • 川俣正
  • 森村泰昌
  • オノ・ヨーコ
  • 塩田千春
  • 会田誠
  • 森万里子
  • 横尾忠則
  • 内藤礼
  • 大竹伸朗
  • 名和晃平

あたりですかね。

個人的には会田誠さん行って欲しかったなと思いました。

皆さんも色々と妄想してみてくださいね。

created by Rinker
¥1,320 (2020/12/04 20:14:47時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です