• 普通のサラリーマンが現代アートについて語るサイト。
 

皆様、明けましておめでとうございます。


本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

いつのまにか2019年が終わり2020年が始まってしまいましたが、皆様はどのような年末年始をお過ごしでしょうか?

私はテレビを見たり、記事を書いたりして静かに年を越しました。

 
「Night view KYOTO」
2018
Yuya Harima

2019年を振り返ってみると、2019年は「挑戦」の年でした。

 

「挑戦」として、昨年から、本業の傍らアート関連のプロジェクト2つ始めました。

 

1つ目は、今ご覧頂いているサイト「週末の。アート」というアート情報サイトです。

2つ目は、名和晃平さんと共同のプロジェクトです(現在準備中)。

 

私がこういったプロジェクトを始めた理由は2つあります。


1つは、私の周りにアートに興味のある人が少なく、アートの楽しさを色々な人にどんどん伝えたいと思ったからです。

あえて専門家では無い素人の私が情報を発信することで、アートを遠い世界のように感じてしまっている皆さんに伝えられることもあるのでは無いかと思い始めました。

 

もう1つは、アーティスト支援の1つの形を作りたいなと思ったからです。


私は一般的な収入のサラリーマンです。ビックコレクターのようにどんどん作品を買って支援することが出来ません(買いたい)。そのため、作品を買うという手段以外で何か支援できる方法が無いかと考えた時、アート関連のサイトを作り情報を発信していくことが、アーティストさんの魅力やアート楽しさを伝えられ、一つの支援となるのではないかと考えました。

 

しかし、私の本職は全く違う業種で、サイトを作ったり記事を書いたりした経験もありません。

そのため、サイト作成や運営の参考書を買って独学で勉強し、見様見真似に初めた状態で、まだまだ改善すべき点が多く不十分なサイトです。

 

実際問題として、アクセス数もまだまだ少なく、アートの楽しさを十分に皆様に発信出来ているとは言い難い状態ですので、本年度はより魅力的なウェブサイトを運営できるようにしっかりと勉強し直す必要があると思っております。

 

あと、あまり売上ということを意識せずに楽しんでやっていたので、年間の売上がなんと数百円でした…笑 

経費がいろいろかかっているので大赤字です。

流石にこれでは家族に迷惑をかけるので、今年はその点もしっかりと考えていきたいと思います。

 

今年は様々な方のお力をお借りしながらになると思いますが、二つのプロジェクトを押し進めていきたいと思います。

 

皆様、本年もどうぞよろしくお願い致します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です