• 普通のサラリーマンが現代アートについて語るサイト。
広告

【アート情報】橘川裕輔 個展「Visible」

medel gallery shuで開催されている、橘川裕輔さんの個展について紹介します。

橘川裕輔さんは、昨年開催された「買える!アートコレクター展Collectors’ Collective vol.1」にも選ばれ、名前をご存知の方も多いかと思います。

夜景を中心に、暗闇に輝くネオンや灯などを描くペインターです。

リアリティのある夜景画のイメージでしたが、ミニ四駆や女性などがモチーフになっていたり、夜景と人や、夜景とゲームなど、全く異なるモチーフを掛け合わせるなど、表現の柔軟性が格段にレベルアップしているように感じます。

展示数もかなり多そうです。

 
To The Brightside
 
The Bismuth
 
Beatなマグナム
 
Neon Girl
 
FACE
 
THE BUG in Tokyo
 

私個人的には「Neon Girl」が面白いなと感じました。

シリーズとしてみてみたいですね。

これからもどんな進化をしていくのかとても楽しみな作家ですね。

皆様、是非!


橘川裕輔|Yusuke Kitsukawa

Visible

2020814日(金)~822日(土)

11時~19時(最終日は17時)

展示ステイトメント

夜にしか見えない世界。

時に現実を色濃く、時に日常を置き去りにした躍動感を写し出す。

キャンバスから放たれる、筆使いや、想いの痕跡は、日常の本質を浮き彫りにし、今を生きる人々の心に投影される光となる。

本展の「Visible」では、見落としがちな現実の再発見をテーマに、大人気シリーズの「To The Brightside」の新作や、本展初公開の「BUG」シリーズなど、新旧30作を展示する。

ギャラリーより提供
 

アーティストステイトメント

「夜」というフィルターを通して見える世界を描いている。

そこは、「見えるもの」と「見えないもの」を棲み分ける空間。

強調される現実味と想像の余地が調和された、現代を生きる我々の心にある原風景の1つ。

そんな世界の、偶発的、持続的な事象の断片を切り取り、自らの手で再構築しながら描き、日常と、日常に隣接した異空間との接点を創造している。

ギャラリーより提供
展示風景
展示風景

プロフィール

画家

1988年 神奈川県生まれ

2012年 日本大学芸術学部 美術学科 卒業

主な展示歴

2012  東京五美術大学連合卒業、修了制作展(東京/国立新美術館)

2013  U35・500人アーティスト小作品販売EXHIBITION(横浜/赤レンガ)

2015  Yusuke Kitsukawa 展 (東京/ギャラリー銀座フォレスト)

2016   MOVE展inBerlin (ベルリン/KUNSTGALLERY PRINZ)

2017  IndependentTokyo  (東京/ヒューリックホール)

2018   Yusuke Kitsukawa 展 (盛岡/PARCOTOWN)

2019  SICF20(青山/スパイラルホール)

    橘川裕輔 個展(名古屋/AGA-T本店)      

    買える!アートコレクター展Collectors’ Collective vol.1

    (東京/MEDEL GALLERY SHU)

受賞歴・メディア歴

2012 日本大学芸術学部 学部長賞

2017  IndependentTokyo 審査員特別賞

2019 『ブレイク前夜』(BSフジ)出演


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です