• 普通のサラリーマンが現代アートについて語るサイト。

画廊からの発言 新世代への視点 2020 黒宮菜菜展

私自身作品をコレクションしており、大変注目している作家である黒宮菜菜さんの個展が東京・大阪で開催されます。

VOCA展2020で佳作賞の受賞や大原美術館での展示など、全国的に注目を浴びている作家の一人です。

今回は東京のコバヤシ画廊さんで開催されている個展を紹介します。


展覧会名|画廊からの発言 新世代への視点 2020 黒宮菜菜展
KUROMIYA NANA Solo Exhibition 

会  期|2020年7月27日 (月) - 8月8日(土)

開廊時間|午前11時30分から午後7時 但し最終日は5時まで
     11:30A.M.-7:00P.M. Final day until 5:00P.M.
休  廊|日曜休廊

会  場|コバヤシ画廊企画室 GALLERY KOBAYASHI
     東京都中央区銀座3-8-12ヤマトビル B1
     YAMATO BLDG.,B1,3-8-12,GINZA,CHUOH-KU,TOKYO,JAPAN.
     TEL03-3561-0515 FAX03-3561-7859
http://www.gallerykobayashi.jp/
     E-Mail  kbysg@gf6.so-net.ne.jp

2020年7月27日 (月) - 8月8日(土)の期間、「画廊からの発言 新世代への視点 2020 黒宮菜菜展」を開催いたします。本展は、銀座・京橋を中心とした8の現代美術の画廊の共同開催によるもので、各画廊が推薦する30代までの新進作家の個展を同時に開催する展覧会です。


黒宮菜菜
「舟に乗る」
画仙紙、裏打紙、染料
270x720cm(可変)
2017
撮影:前谷 開
 

黒宮菜菜略歴
1980東京都生まれ
2007京都造形芸術大学芸術学部美術工芸学科洋画コース総合造形専攻卒業
2009京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画修了
2015京都市立芸術大学・博士(芸術学)学位取得

個展
2010「黒宮菜菜展 – 流彩の幻景 – 」INAXギャラリー2、東京
2015「トーキョーワンダーウォール都庁2014」東京都庁第一本庁舎3階南側空中歩廊、東京
2016「黒宮菜菜展 夜—朧げな際」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA、京都
2018「うつつ」ギャラリーノマル、大阪
2019「ARKO2019 黒宮菜菜」大原美術館、岡山
2019「Boys」Finch Arts、京都

グループ展
2014「トーキョーワンダーウォール公募2014入選作品展」東京都現代美術館、東京
2017「のっぴきならない遊動:黒宮菜菜/仁藤建人/若木くるみ」京都芸術センター、京都
2018「京都府新鋭選抜展2018 – Kyoto Art for Tomorrow -」京都文化博物館、京都
2018「第21回 岡本太郎現代芸術賞展」川崎市岡本太郎美術館,神奈川
2020「VOCA展2020 現代美術の展望─新しい平面の作家たち─」上野の森美術館、東京

受賞
2009「京都市立芸術大学修了制作展」大学院市長賞
2014「トーキョーワンダーウォール2014」トーキョーワンダーウォール賞
2017京都市芸術新人賞
2020「VOCA展2020」佳作賞 

パブリック・コレクション
大原美術館、岡山


作品リストを見せていただきましたが、新たなシリーズの作品もあり、素晴らしい作品ばかりでした。

大阪のギャラリーノマルの個展と合わせて観てみたい展示です。

関東の皆様是非!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です