• 普通のサラリーマンが現代アートについて語るサイト。

「神の左手 悪魔の右手」

東京のギャラリー「EUKARYOTE」で、2020年7月22日(水)から8月9日(日)の会期で、京都造形芸術大学を卒業した東慎也と米村優人の2人展が開催されているようです。

東慎也

2020年に京都造形芸術大学大学院を修了、在学中より東京で発表を行うほかアートフェアへの出展など発表の場を広げつつ注目を集めています。 制作では自身で見聞きしたニュースや遭遇した光景などを元に、日常から頭に焼きついたイメージをドローイングに描き留めたのち、大胆なストロークや厚塗りのメディウムによってタブローに描き出します。 瑞々しい色彩で犬、猫、鳥など動物たちが織りなす様子は一見するとどこか滑稽で可愛らしく見えますが、簡素化された構図や恣意的にも見えるメディウムの表情の裏には現代社会の抱える問題や事象がテーマとして隠されています。

本展で発表する新作におきまして、パラダイムシフトを突きつけられる目まぐるしい現状を受け、絵の中の人間たちは記号的な物・動物たちと同列に扱われ東が関心を寄せる支配と被支配の関係の表裏一体性のメタファーとなっており、鑑賞する人間=私たちをも巻き込みどこか看過できない物語やアイロニーを喚起させます。

EUKARYO News Releaseより引用
Courtesy of EUKARYOTE
Courtesy of EUKARYOTE
Courtesy of EUKARYOTE
 

米村優人

幼少期に父親の影響で親しんだ昭和期の特撮ヒーローや、ギリシャ神話の神々と いった人智を超えた圧倒的な存在に対する憧れや興味から、粘度、石、FRP など多様な素材を用い、ロボットが変形・合体をするように、展示空間やテーマに合わせて配列可能な 「超人像」と呼ぶ彫刻作品を制作しています。 その世界観は、アニメのヒーローの存在感やロボットのメカニカルな変形やギミック要素の再解釈と、物理的な関係性で語られる独自の物語を創出し、痛みや恐れ、憧れ、 畏怖の念 等の感情を内包しながら現在の彫刻のリアリティを探求しています。 2019年に東京都美術館で開催された「KUAD ANNUAL 2019 宇宙船地球」の出展や、「アートアワードトーキョー丸の内2019」では、古来からの彫刻と新しい時間軸・創造行為とを接続させる試みかのように、古代彫刻を思わせる断片的な立体物と、機材を用いた大 きなギミックによる何らかの工程の痕跡を配置した空間によって鑑賞者に鮮烈な印象を与えました。

本展では「アガルマン」の新作を中心に、新型ウイルスの影響を受け「Artist Fair KYOTO 」の中止によって未発表となった作品とバイク機材や鉄材を取り入れ配置するインスタレーションを発表いたします。

EUKARYO News Releaseより引用
Courtesy of EUKARYOTE
Courtesy of EUKARYOTE
 

東さんは、大胆なストーロークでゆるく躍動感のある作品が人気の作家です。大学院在学時から注目を浴び、京都のCOHJU contemporary artで開催されている個展「HUMAN. HUMAN? HUMAN!」でも、会期前より多数の問い合わせがあり多くの作品に赤丸がついていたようです。

米村さんの作品は拝見したことがありませんが、様々なグループ展に出展されている注目の作家さんですね。東さんとは対照的な(平面と立体という意味だけではなく)独特な雰囲気が、どういった相乗効果をもたらすのか楽しみな展示ですね。

注目の若手作家2人の展示、8月9日までですので是非!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です